データ保護について

一般的な通知と必須情報

責任事業者の指定

このウェブサイトにおけるデータ処理の責任主体は、以下の通りです。

エムテックス株式会社
Markus Thinnes
ピカソプラッツ 4
バーゼル 4052

責任者は、個人データ(氏名、連絡先、またはそれに類するもの)の処理目的および手段について、単独または他社と共同して決定するものとします。

データ処理に関するお客様の同意の取り消し

データ処理操作の中には、お客様の明示的な同意がなければできないものがあります。すでに与えられた同意の取り消しは、いつでも可能です。取り消しには、電子メールによる非公式な連絡で十分です。取り消しまでに行われたデータ処理の合法性は、取り消しによって影響を受けることはありません。

所轄の監督官庁に苦情を申し立てる権利

データ対象者として、お客様は、データ保護違反があった場合、管轄の監督官庁に苦情を申し立てる権利を有します。データ保護問題に関する所轄の監督機関は、当社の登録事務所が所在する連邦州のデータ保護コミッショナーです。データ保護担当者のリストとその連絡先は、次のリンクに記載されています。https://www.bfdi.bund.de/DE/Infothek/Anschriften_Links/anschriften_links-node.html

データポータビリティの権利

お客様は、当社がお客様の同意に基づき、または契約の履行に伴い自動的に処理したデータを、お客様または第三者に引き渡される権利を有します。データは、機械で読み取り可能な形式で提供されます。お客様がデータの他の責任者への直接転送を要求される場合、技術的に可能な限りにおいてのみ行われます。

情報提供、訂正、ブロック、削除の権利

お客様は、適用される法的規定の枠内で、保存されているご自身の個人データ、データの出所、受取人、データ処理の目的についていつでも自由に情報を得る権利を有し、該当する場合には、このデータの訂正、ブロック、削除を求める権利を有しています。この点に関して、また、個人情報の件に関するさらなる質問については、刻印に記載されている連絡先オプションを通じて、いつでも当社に問い合わせることができます。

SSLまたはTLSによる暗号化

セキュリティ上の理由およびサイト運営者である当社に送信される機密コンテンツの送信を保護するために、当社のウェブサイトはSSLまたはTLSによる暗号化を使用しています。これは、お客様がこのウェブサイトを通じて送信したデータが、第三者に読み取られないことを意味します。暗号化された接続は、ブラウザのアドレス欄に「https://」と表示され、ブラウザの行に鍵マークが表示されることで認識することができます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームから送信されたデータ(お客様の連絡先を含む)は、お問い合わせの処理、またはその後の質問に対応するために保存されます。このデータは、お客様の同意なしに譲渡されることはありません。

コンタクトフォームに入力されたデータの処理は、お客様の同意にのみ基づいて行われます(Art.6 para. 1 lit.) 既に与えられた同意は、いつでも取り消すことができます。取り消しには、電子メールによる非公式な連絡で十分です。取り消しまでに行われたデータ処理業務の合法性は、取り消しによって影響を受けることはありません。

コンタクトフォームを通じて送信されたデータは、お客様が削除を要請するか、保存に対する同意を撤回するか、あるいは保存する必要がなくなるまで、弊社に保存されます。強制的な法的規定(特に保存期間)は、影響を受けずに残ります。

出典 データ保護コンフィギュレーター(mein-datenschutzbeauftragter.deより


LinkedInインサイトタグプライバシーポリシー
当社のウェブサイトでは、コンバージョントラッキングツール「LinkedIn Insight-Tag」を使用しています。サービス提供者は、米国企業LinkedIn Corporation(2029 Stierlin Court, Mountain View, CA 94043, USA)です。欧州経済領域(EEA)、EU、スイスにおけるデータ保護関連は、LinkedIn Ireland Unlimited (Wilton Place, Dublin 2, Ireland) が担当しています。

LinkedInは、米国などでもお客様からのデータを処理しています。欧州司法裁判所の見解によると、現在、米国へのデータ転送には適切な保護水準がないことを指摘したいと思います。これは、データ処理の合法性と安全性に対するさまざまなリスクと関連している可能性があります。

第三国(EU圏外、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、特に米国)にある受取人とのデータ処理またはそこへのデータ移転の根拠として、リンクトインはいわゆる標準契約条項(=Art.46。) 標準契約条項(SCC)は、EU委員会が提供するテンプレートで、お客様のデータが第三国(米国など)に転送され、そこで保存される場合でも、欧州のデータ保護基準に準拠することを保証するためのものです。これらの条項を通じて、リンクトインは、データが米国で保存、処理、管理される場合でも、お客様の関連データを処理する際に欧州レベルのデータ保護に準拠することを約束します。これらの条項は、EU委員会の実施決定に基づいています。この決定および対応する標準契約条項は、特にこちらでご覧いただけます: https://eur-lex.europa.eu/eli/dec_impl/2021/914/oj?locale=de

LinkedInの標準契約条項の詳細については、https://de.linkedin.com/legal/l/dpa または https://www.linkedin.com/legal/l/eu-sccs で確認できます。

LinkedIn Insight Tagの詳細については、https://www.linkedin.com/help/linkedin/answer/a427660。また、LinkedIn Insight-Tagの使用によって処理されるデータについては、https://de.linkedin.com/legal/privacy-policy のプライバシーポリシーで詳しく知ることができます。

出典 AdSimpleのプライバシージェネレーターを使用して作成されました。