海外営業の代理サービス

基本概念

直接、ヨーロッパでの市場開発には距離と言葉だけでなく、欧州の各国のビジネス習慣、言葉、文化の壁を超える必要があり、時間とコストが係ます。

弊社は御社の外部海外営業部になり、御社のものを直接ヨーロッパに紹介し、販売することを支援します。国内営業部と同じように、MTeXはヨーロッパに向かって、ユーザの窓口になり、ヨロッパのお取り合わせへの対応、その御社の技術部との連結などを行う役割を果たします。
目的は「セールス・ファースト」をモットに中期的な販売成績を上げ、その成績に基づいて、先ず顧客ベースを築いで、将来には現地進出を判断することに有ります。

この外部海外営業部としては日本の中小企業の世界中に進む国際化への参加に貢献できましたら、幸いと思っています。 

企画から実施まで

ステップ 1:準備
  • 製品選択、価格設定、仕様とオプション設定 など
  • 市場調査、競合調査など
  • 製品情報、カタログなどの翻訳、内容調整、作成
  • 競合分析(展示会での調査など)
  • マーケティングと技術情報の翻訳、デザイン訂正
  • ポテンシャルのある相手企業のご紹介
ステップ 2:実施
  • 営業業務・問い合わせへの対応
    • オプション A:  販売はMTeX(株)を代理店として取引を行う(特にエンドユーザの場合)
    • オプション B: 取引は直接御社とヨーロッパの相手企業の間で行われ、MTeX(株)は窓口として、支援すること。(特にOEMの場合)
  • 営業・サービス担当の方と同行し、商談、交渉、サービス対応の支援
  • 展示会への立合い
ステップ 3: 評価
  • ビジネスプランの見直し
  • 製品のレビュー
  • 現地法人の設立へのサポート(必要に応じ)
  • 再編の支援(既存の組織の場合)
  • 法人登録
  • 臨時マネジメント (例:セールス・コンサルタント)

"Agile Sales"(アギリティー・セールス)

市場変動の中、フォーカスを保ちながらお客様の要望に柔軟に答えるのが非常にチャレンジ的になってきました。柔軟性を強調し、フォカスを失いかねないのが事実です。特に、地理的にはなれた部署と担当者、又は外注する専門家などが増えると増えるほど、コーディネートの課題も大きくなり、関連者間のコミュニケーションの効率を保つのも大きな課題になることが多いです。プロジェクトの関連者の共通意識も大切です。

このことを弊社でも体験し、ソフト開発で有名になったアジャイル・プログラミング方法を知り、それをセールス・マーケティングに合致するように工夫してきました。結果として、First Salesに最適なコンセプトができあがったと思っています。

「Agile Sales」というコンセプトはお客様が得る価値を重心にされる同時に、自社に対する価値も忘れられず、非常にダイナミックなマーケティング方法であると分かりました。継続的な価値に相当した売上があり、フォーキャストと営業企画の精度も非常に改善されます。

弊社では幾つかのプロジェクトを「Agile Sales」を使い、成功したこともあったので、御社でもお役に立たないかと考えてきました。今度お客様に経験していただきますよう、ご紹介させていただきます。
。。。お気軽にご相談ください。

An den Seitenanfang springen... | Zurück