クライメート・ニュートラル印刷

CO2 排出の相殺サービス

気候変動は地球上の生物の多様性を脅かすだけでなく、人間の生活まで影響を及ぼしています。その対策は人類にとって最も重要な課題と考えられています。印刷製造でもその対策に貢献できるように、Climate Partnerは印刷業会にクライメート・ニュートラル印刷を簡単に実現できるサービスを提供いたします。 
本社のホームページ ご参考ください。

クライメーと・ニュートラルとは

「クライメート・ニュートラル」とは製造工程で消費される電気エネルギーなどの発電で発生するCO2(二酸化炭素)などの温暖化ガス量を算出し、それに基づいて排出量削減証明書を購入することで、発生した二酸化炭素を相殺することです。
印刷物の生産には製紙、印刷工程、後加工などでかならずエネルギーが必要です。クライメート・ニュートラル印刷物とは生産過程でCO2を発生させないことではなく、印刷工程で発生したCO2を世界中のCO2削減プロジェクトで節約することによって、その分だけ相殺され、地球全体の大気中CO2総量が増えないことを意味します。「カーボン・ニュートラル」とも言われています。

カーボン・フットプリント

カーボンとは二酸化炭素で、フットプリントとは直訳で「足跡」と意味し、企業全体、紙などの使用材料、消耗品、印刷機械の消費エネルギーを含む決算書です。
企業の環境保護戦略はカーボン・フットプリントから始められます。
企業のカーボンフットプリントは各印刷物に割り当てられ、各印刷物の製品別カーボンフットプリント(Product Carbon Footprint, PCF)が計算されます。それに基づいて印刷業者が排出量削減証明書を購入します。
An den Seitenanfang springen... | Zurück